【 さっちん 】   「ナナちゃんナナちゃんっ、今日の小テストの勉強やったー?」
  【 ナナカ 】   「うーん、何と言うか……ぼちぼちってとこ?」
  【 さっちん 】   「えーっ、そーなんだー。私はさっぱりだよー」
  【 ナナカ 】   「なに、小テストなんて、気合いでどうにでもなるって!」
  【 さっちん 】   「そうだねー。シン君も、気合十分って感じだもんねー」
  【 ナナカ 】   「あー、あいつはね……」
  さっちんに言われて振り返ったナナカの目に、席について追い込み中のシンの姿がとまる。
  【 ナナカ 】   「たかが小テストなのに、律儀に徹夜なんかしちゃってさ。しかも昼休みまで勉強してやんの」
  【 ナナカ 】   「ほらほら、見てやってよ、朝からひどい顔でしょ?」
  【 さっちん 】   「あはは、そうだねー」
  【 シン 】   「うぅ、ひどいのは二人の方だよ。こっちは真面目にやってるのに」
  【 ナナカ 】   「あー、ごめんごめん。そだね、あんたは生活かかってるんだった」
  【 さっちん 】   「ナナちゃん、楽しそうに言う台詞じゃないよー」
  【 ナナカ 】   「あんたもね」
  【 ナナカ 】   「ま、それでも前向きに生きてるところが、シンのいいところなんじゃない?」
  【 シン 】   「あぁっ!」
  【 ナナカ 】   「何、どした? 眠気覚ましの一発?」
  【 シン 】   「勉強に夢中で、参考書を家に忘れてきてしまった……」
  【 ナナカ 】   「それって、机の上に出しっぱなしにしてあったやつ?」
  【 シン 】   「うん、そうだけど」
  【 ナナカ 】   「だったら、ほい」
  ナナカはシンの鞄から参考書を引っ張り出して、シンに投げて寄越す。
  【 シン 】   「あれ? 朝寝ぼけてる間に入れたのかな?」
  【 ナナカ 】   「何馬鹿な事言ってんの。寝ぼけてんのはむしろ、今この瞬間でしょうが」
  【 シン 】   「そ、そうだったのか……」
  【 ナナカ 】   「これは、あんたの忘れ物に気づいたアタシが、気を利かせて鞄に入れといてあげたの」
  【 ナナカ 】   「寝ぼけるどころか、あんたがまだぐーすか寝てる間の出来事なわけよ」
  【 さっちん 】   「おお〜、さすがナナちゃん。長年連れ添ってるだけの事はあるねー」
  【 ナナカ 】   「ふっふ〜ん、まぁね〜♪」
  【 シン 】   「そっかー。ありがとうナナカ。助かったよ」
  【 ナナカ 】   「うりうり、もっと感謝してもばちは当たんないぞ〜」
  【 シン 】   「そうだね。それじゃあ――」
  【 ナナカ 】   「おぉっと、その手を懐から出しな! 恩を仇で返す気か!」
  【 シン 】   「そんな、牛乳おいしいのに……」
  【 ナナカ 】   「味とか関係なし! ダメなものはダメっ!」
  【 ナナカ 】   「それよりさ、小テストのヤマ教えてよ。そっちの方が最優先!」
  【 シン 】   「小テストでヤマも何もないと思うけど、それくらいならお安い御用さ」
  【 ナナカ 】   「ラッキー! さっすが生徒会長、頼りになるねえ!」
  【 さっちん 】   「ナナちゃん調子いいねー。私もまぜてー」
  【 ナナカ 】   「だから、さっちんも人の事言えないんだってば」
  きーんこーんかーんこーん
  【 シン 】   「あぁっ!」
  【 ナナカ 】   「今度は何? 電気代でも払い忘れた?」
  【 シン 】   「次の授業って何だったっけ?」
  【 ナナカ 】   「体育でしょ」
  【 シン 】   「う、やっぱり……」
  【 さっちん 】   「なになにー? 忘れ物ー?」
  【 シン 】   「うん、体操着を持ってきた記憶がなくて……」
  【 シン 】   「どうしよう。牛乳飲んで健康なのに、見学するのは気が引けるしなー……」
  【 ナナカ 】   「なんだ、そんな事ね」
  【 シン 】   「そんな事ってどんな事?」
  【 ナナカ 】   「大した問題じゃないって事。ほれ」
  【 シン 】   「あっ」
  シンはナナカが放った体操着入れを慌てて受けとめる。
  【 シン 】   「これも持って来てくれたんだ」
  【 ナナカ 】   「そゆこと。朝渡しとけばよかった?」
  【 シン 】   「ううん、助かったよ。これで体育を見学しなくて済みそうだ」
  【 ナナカ 】   「ったく、しっかりしなさいよ。徹夜明けはいっつもぼさっとしてるんだから」
  【 シン 】   「うん。でもナナカがいてくれれば安心だね」
  【 ナナカ 】   「何言ってんだい、生徒会長が人の事ばっか当てにしてどうすんのさ」
  【 シン 】   「ナナカだって、テストの時は僕の事を当てにしてたじゃないか」
  【 ナナカ 】   「それはそれ、これはこれ。ま、お互い持ちつ持たれつって事で」
  【 シン 】   「うーん、まぁいいや、そういう事で」
  【 さっちん 】   「おーいナナちゃ〜ん。そろそろ着替えに行こー?」
  【 ナナカ 】   「あいよー」
  【 ナナカ 】   「そんじゃ、シン、寝不足でぶっ倒れたりしないようにね」
  【 シン 】   「わかってるよ」
  ナナカたちと別れたシンは、自分も男子の更衣室へと向かった。
  【 シン 】   「さてと、早く着替えないと休み時間が終わっちゃうよ……」
  【 シン 】   「……ん? あれ、おっかしーなー。僕の体操着って、こんなんだったっけ?」
  シンは首をひねりならが、ナナカから渡された体操着入れの中身を広げてみる。
  【 シン 】    「って、これはっ!? じょ、女子の体操着じゃないかっ!?」
  【 シン 】    「こ、これにナナカの汗が……いやいや、洗濯してあるから残念……ってそうじゃなくてっ!」
  【 シン 】    「ナナカのやつ、きっと渡す時に取り違えたんだな。あっちも困ってるだろうから、早く届けてあげないと!」
  自分の着替えもそっちのけで、シンは慌てて更衣室を飛び出した。
  【 ナナカ 】   「あっ、シン!」
  【 シン 】   「ナナカ! ちょうどいいところに」
  【 ナナカ 】   「ってこら! なに人の体操着握り締めてんのっ!」
  【 シン 】   「えっ、あ、これはその、ナナカに届けようと思って」
  【 ナナカ 】   「なんだとう!? 女子更衣室に忍び込むつもりだったんかい!」
  【 シン 】    「そそそっ、そんな事しないよ!?」
  【 ナナカ 】   「こっちはシンが困ってるだろうと思って、急いであんたの体操着届けに来てやったのに、この変態!」
  【 シン 】   「だから、違うんだってば!」
  【 ナナカ 】   「そんな半裸で何を言う!」
  【 シン 】   「はっ、しまった!? 着替えの途中なの忘れてた!」
  【 さっちん 】   「わー、ホントに変態だねー」
  【 シン 】   「さっちんにまで見られたっ!?」
  【 ナナカ 】   「とことん救いようのないやつ! いっぺん痛い目見とけってんだ!」
  【 シン 】   「わぁーっ! ちょっとタンマ!」
  【 ナナカ 】   「問答無用! ナナカ・ソバット!」
  ずどばしっ!
  【 シン 】    「あぱあっ……!」
  どさっ
  【 さっちん 】    「お〜、見事に一発KOだねー」
  【 ナナカ 】   「ま、ざっとこんなもんよ」
  【 さっちん 】   「でもシン君、白目剥いてるよー?」
  【 ナナカ 】   「え? あれ、ちょっとやりすぎちった?」
  【 ナナカ 】   「おーい、シーン、起きろー」
  ばしばしばしばし!
  【 さっちん 】   「……起きないねー」
  【 ナナカ 】   「ったく、徹夜なんてするから授業で起きてられないってのが、わかんないのかねぇ」
  【 さっちん 】   「あー、徹夜のせいなんだー。それで、どーするのー?」
  【 ナナカ 】   「とりあえず、保健室にでも連れて行って様子見るか」
  【 ナナカ 】   「先生には、貧血で倒れたやつの付き添いで遅れるとか、適当に言っといて」
  【 さっちん 】   「うん、わかったー。それにしても、ナナちゃん相変わらず面倒見がいいねー」
  【 ナナカ 】   「何言ってんの! ただの腐れ縁だから、仕方なくやってんの!」
  【 ナナカ 】   「ほらシン! とっとと歩く!」
  ずるずる……
  【 さっちん 】   「無理だと思うよー」
  その後、シンはふらふらの状態で体育の授業を受ける事になるのだった。