【 ヘレナ 】   「生徒会の諸君、元気してるー? 今日は差し入れ持ってきたわよー!」
  【 聖沙 】   「わ、すごい……サツマイモがこんなに沢山!?」
  【 シン 】   「ぜ、全部もらっちゃっていいんですか……じゅる」
  【 ナナカ 】   「ひゃっほう、やったね! 焼き芋やろうよ!」
  【 ロロット 】   「焼き芋っ!? なんだか急にわくわくしてきました!」
  【 リア 】   「そうだね。たまには、こういうのもいいかな」
  にわかに色めき立つ生徒会の面々は、仕事の休憩がてら、揃って校舎の外へと向かう。
  【 シン 】   「あ、そうだ。どうせなら、人数は多い方が楽しいよね」
  【 リア 】   「それもそうだね。でも、どうして?」
  【 シン 】   「僕、ちょっと呼んできたい人がいるんです。悪いけど、みんなは先に始めてて」
  【 聖沙 】   「ちょっと、あんまりみんなを待たせないでよ!」
  【 シン 】   「わかってるよ!」
  そう言い残すなり、シンは目的の人物を捜して駆け出した。
  【 シン 】   「うーん……今日はどこにいるのかな……?」
  しばらく学園の敷地内を走り回るシン。
  【 シン 】    「……あっ、いた!」
  【 シン 】    「お〜い、アゼルー!」
  【 アゼル 】   「……?」
  【 シン 】   「ふぅ、よかった。まだ帰ってなかったんだね」
  【 アゼル 】   「……お前か。何の用だ?」
  【 シン 】   「あのさ、これからみんなで焼き芋を焼くんだけど、アゼルも一緒にどうかな?」
  【 アゼル 】   「焼き芋?」
  【 シン 】   「そうそう、焼き芋。甘くてほくほくで、とってもおいしいんだ」
  【 シン 】   「アゼルは焼き芋って、食べたことある?」
  【 アゼル 】   「ない」
  【 シン 】   「そっか。それなら、尚更おすすめするよ」
  【 シン 】   「みんなで焚き火を突っつくのも楽しいし。あっ、勿論火の扱いには注意しないといけないけどね」
  【 アゼル 】   「……」
  【 シン 】   「どうかな?」
  【 アゼル 】   「……興味ない」
  【 シン 】   「えっ?」
  アゼルはそっぽを向いて歩きだす。
  【 シン 】   「あ、ちょっと待ってよ。そんな事言わずにさ。みんなでやれば、きっと楽しいと思うんだ」
  【 アゼル 】   「どうでもいい」
  【 シン 】   「みんなと一緒に焼き芋焼くの、嫌かな?」
  【 アゼル 】   「そうだ」
  【 シン 】   「でも、焼き芋はすごくおいしいし……一度は食べてみるべきだと思うけどなあ」
  【 アゼル 】   「必要ない」
  【 シン 】   「え? でも、想像と実際に食べてみるのとじゃ全然違うよ?」
  【 アゼル 】   「違う……」
  【 シン 】   「あっ、わかった。みんなと一緒にお喋りするのが恥ずかしいんだね」
  【 シン 】   「焼き芋食べるのが初めてでも、誰も変に思わないのになー」
  【 アゼル 】   「だから、違う……」
  【 シン 】   「ようし、僕に任せて! 焼き芋を食べたことがないなんて、絶対に人生を損してるんだからさ」
  【 アゼル 】   「……」
  シンはアゼルをその場に残すと、一人で落ち葉をかき集め始めた。
  【 アゼル 】   「……何をしている」
  【 シン 】   「ふっふっふ。こんなこともあろうかと、ちゃんとサツマイモを持ってきてあったんだ」
  【 シン 】   「これをアルミホイルで包んで、こうやって落ち葉の山に突っ込んで……」
  【 アゼル 】   「……」
  【 シン 】   「で、落ち葉に火をつける、と。このスキルさえあれば野宿もできるよ」
  【 アゼル 】   「……なぜ燃やす」
  【 シン 】   「こうやって、中のサツマイモを蒸し焼きにするんだ」
  【 シン 】   「他には、石焼きにする方法もあるんだよ」
  【 アゼル 】   「……無駄だな」
  【 シン 】   「そうかもね。でも、こうやって焚き火をしながらやった方が、なんとなく雰囲気があるからさ」
  【 アゼル 】   「……無意味だ」
  【 シン 】   「そんなことないよ。だって焼かないとおいしく食べられないじゃないか」
  【 アゼル 】   「……」
  【 シン 】   「どうせ食べるならさ、おいしい方がいいだろ?」
  【 アゼル 】   「……味など関係ない」
  【 シン 】   「そんなことないよ。おいしいものを食べれば、それだけで幸せになれるんだから」
  【 アゼル 】   「幸せ……?」
  【 シン 】   「そ、幸せ。あー、早く食べたくて待ちきれないよ」
  【 アゼル 】   「私はそんなことない」
  【 シン 】   「そう? でも、すぐにわかると思うよ。ホントにおいしいんだから。まさに幸せの味だね」
  【 アゼル 】   「何を食べても同じだ」
  【 シン 】   「う……それはよく言われるなー。なんでだろう?」
  【 アゼル 】   「ふん……お前の幸せとは、安いものだな」
  【 シン 】   「ひ、否定できない……」
  【 アゼル 】   「下らん」
  【 シン 】   「でもっ、これを食べないと絶対後悔するよ!」
  【 アゼル 】   「……後悔など、しない」
  そうこうしているうちに、焚き火の勢いがが弱まってくる。
  【 シン 】    「んー、そろそろかな……」
  【 アゼル 】   「何がだ」
  【 シン 】   「焼き上がりが、もうすぐってこと」
  焚き火の中から焼き芋を引っ張り出したシンは、軍手でそろそろとアルミホイルをむいてゆく。
  【 シン 】   「よっ、と」
  持ち手の部分を残して、焼き芋を半分に割る。
  【 シン 】   「お、上手くできてるなー。はい、アゼル」
  【 アゼル 】   「……」
  アゼルはそっぽを向きつつ、ちらちらと横目で焼き芋を観察している。
  【 シン 】   「どうしたの? すごくおいしそうでしょ。あぁ、この匂いだけでよだれが……じゅる」
  【 アゼル 】   「よだれなど出ない」
  【 シン 】    「あ、ごめん。そうだよね、女の子がよだれを垂らすのはまずいよね」
  【 アゼル 】   「……」
  【 シン 】   「でも、これは絶対おいしいからさ。ほら」
  【 アゼル 】   「……いらない」
  【 シン 】   「まぁまぁ、そんなこと言わずに。せっかく焼いたんだし」
  【 シン 】   「熱いから、この軍手も使っていいよ。あ、牛乳もあるからね」
  【 アゼル 】   「……」
  もう一度強く差し出されて、アゼルはようやくその焼き芋とまっすぐに向き合った。
  【 アゼル 】   「……焼き芋」
  【 シン 】   「そう、おいしい焼き芋だよ」
  【 アゼル 】   「……おいしいのか」
  【 シン 】    「うん、保証するよ」
  【 アゼル 】   「……幸せなのか」
  【 シン 】   「勿論! 食べたらきっとびっくりするよ」
  【 アゼル 】   「……ふん、どうでもいいことだ」
  【 シン 】   「そうだね。食べる前から色々言っても仕方ないか。はい、どうぞ」
  アゼルの目の前で、黄金色の焼き芋がほくほくと湯気を立てている。
  【 アゼル 】   「……別に、食べたいわけでは、ないのだからな」
  アゼルの手が、ゆっくりと伸ばされる。
  【 アゼル 】   「お前が、無理やりそうするからだ……」
  そうして、その手がシンから焼き芋を受け取ろうとしたところで――
  【 ナナカ 】   「お〜い、シーン! そんなとこで何やってんの〜?」
  【 アゼル 】   「ッ!?」
  シンを呼ぶ声が聞こえた途端、さっと手を引っ込めたアゼルは、そのままくるりと踵を返してしまう。
  【 シン 】   「あれっ、どこ行くんだよアゼル! 焼き芋は!?」
  【 アゼル 】   「いらない!」
  そのままシンの方を少しも振り返ることなく、アゼルは逃げ出すようにその場から走り去って行った。
  【 ナナカ 】   「シン、なにしてんの? さっきのアゼルでしょ?」
  【 シン 】   「うん、ちょっとね……」
  【 ナナカ 】   「それより、もうとっくに焼き始めてるんだから。早く戻ってきなよ」
  【 シン 】   「うん」
  アゼルが顔を逸らした一瞬、その顔はきれいな朱色に染まっていて、それがシンの脳裏に焼き付いて離れない。
  【 シン 】   「……やっぱり、食べたかったのかな」
  シンはその光景を思い返しながら、みんなの下へと戻るのだった。